Contents

高級ブランドは「自尊心の維持」には非効率です。(マインド思考)

 

悩める諸君の代表者
悩める諸君の代表者
ブランドものが大好きなんですが、これって傍から見るとどうなんですかね?ファストファッションを来ている方は、あまり信用できないですね、、、。

こんにちは、ギブ魔です。
最近は、本皮1点モノに凝っています。

そんなブランドについて、「お悩み」を解決しつつお話していきます。

先に、自尊心について解説を入れておきます。

自尊心とは、心理学的には自己に対して一般化された肯定的な態度である。

ブランドを持つ「価値」はなんなのか?

ズバリ、「プライドを守るため」です。自尊心の維持です。

プライドを守ることが、どうブランドと関係するのか?

簡単です。「高いものを身につけること」がステータスであるという認識です。

高級ブランドのほとんどが、長い歴史の中で培われた「価値」のあるモノです。そのため、ブランド自体の価値が大きいです。

それらの商品が高い理由としては、「その価値を理解し、購入できる方」に購入してもらいたいという意思があります。

そのブランドの壮大な価値を「自己に投影」し、「購入できる自分が凄い」「優れている」と考えて買う方が多いです。

それが、「プライドを守る」ことです。

それは実際に何か意味があるのか?

ないです笑 お世辞抜きに、何もないです。

では、意味のない理由はなにか?

意味がないなら、高いお金までだして買う必要はどこにもないですが、なぜそこまでするのか?

それは、「自尊心の維持」ということが大きいです。

ブランドを一つの盾として、自己防衛に入り「第一印象」を「ブランドが買える財力を持つ自分」で塗り固めているだけです。

医者がモテる、東大生がモテる原因は「自分に持たない価値を相手が持っている」からです。ココが肝です。自分自身をどうにか変えようということではないということです。

だから、ブランド品にこだわらず、世間的に信用のある「価値のあるもの≒ブランド」を好むようになります。

余談ですが、単純に非効率ですよね?

修理代を始め、バカにならないお金が必要です。ですので、自尊心の維持のために数百万円を出すのは非効率です。

実は、安くても「自信」「自尊心の維持」は出来ます。問題は、価格では無いです。

自信はどのようにしてつけたらいいのか?(自尊心の維持)

じゃあ、プライドを保つために何をしたらいいのか?少なくとも、ブランドを持つことが非効率であることは理解して頂いたと思います。

これであなたも、プライド保持者!

では、価格に関係なく自分の自尊心を保つために出来ることを紹介します。

  • その1:知識を得る
  • その2:やりたいことをする
  • その3:手段ではなく、目的を気にする姿勢を学ぶ

上記3つで深堀りしていきます。

その1:知識を得る

本でも、なんでもいいですが「外側」に自分を求めるのを一度止めてみましょう。あなたが思うほど人はあなたに興味がないです。

何を身につけているのかを、くまなくチェックする人は少ないです。

自分の愚かさや、不甲斐なさを知るキッカケにもなります。これぞ、本当の意味での「自尊心の維持」と言えます。

地盤の強度が「自尊心」の強度です。

幻想世界での「自尊心」は地盤がゆるい、そして「他人任せ」なので、スグに問題が生じると陥没しやすいです。

ですが、しっかりと自分の「内面」をあらゆる情報や考えで固めた場合は、そう簡単に揺らぐことはないです。確たる「理論」とその「理由」がありますからね。

その2:やりたいことをする

学歴を始め、ブランドに寄り添うように生きてきた方には、なかなか難しいことだと思います。

「自尊心の維持」にはそうした、過去からの脱却も大切です。

正しい認知で自分の自尊心を持てば、それを維持する方法もスグに出てきやすくなります。それが「やりたいことをする」です。

何かに熱中したら、確実に大きく変わります。

お金稼ぎなんかは置いといて「単純に、やりたいことをする」ことは大切です。アホみたいに、何かに熱中したり、本気になったら、新しい自分を見つけることだって可能です。

「世間の目はとりあえず」って感じでやってみましょう。ブランドに固めた成金よりは、純粋で人生を楽しんでいるのがよくわかりとてもいいです。

その3:手段ではなく、目的を気にする姿勢を学ぶ

今まで持っていたブランドは、あくまで「手段」です。それを持っているうちは人に大きな顔が出来ます。

でも、それを外したらどうでしょうか?同じぐらい大きな顔出来ますか?ってことです。だからこそ、「内面」を強くしたらそんなものが不要になるわけです。

「〇〇に思われたいなら、何をしたらいいのか」と考えて「動き」ましょう。その行為は、他のことにもいずれ、いきてきます。

ファストファッションが悪いのか?

別にファストファッションは悪くないです。人によれば、「品格がない」「安物の服」とか言いそうですが、何度も言います。

「ブランド品にものを言わせる着方こそ、品格がない」です。

余談:着崩して、一部だけブランド品ならOKです。

普段着はファストファッションで、小物(時計・財布・キーケース)なんかがブランドという持ち方は全然有りです。

というか、そういう持ち方なら僕もしています。

ブランド品は「ブランドの価値に付随する、独特の雰囲気」があるので「良いものを長く持つ」というスタンスで行くと自然と、選んでしまいます。

これは、本当ですね。だから、ファストファッションもOKです。

高級ブランドは「自尊心の維持」には非効率です。(繰り返し)

ということで、全体を通して、ブランドで維持することが「非効率」であることが分かってもらえたかと思います。

自分自身を強くすれば、外見や身につけるもので「誇張」した自分を演じる必要もなくなります。

いうなら、「ブランド品」以上に「自己ブランド」をあげよう!ということです。あなた自身の価値はあなただけが理解し、それを武器に戦えます。

最後に、自己ブランディング力はこの2つからどうぞ

  • 確たる成果
  • 圧倒的な信頼

成果に関しては、「何か」に本気になれば自ずと、ついています。それは、失敗であれ成功であれ、「成果」です。実績ではないです。成果です。「こういう事をしたら、〇〇になった」ということは強い印象を与え、そこに行き着くまでの過程を評価されやすくなります。

ですが、それ以上に重要なのは「圧倒的な信頼」です。要は、Giveです。人のために何かをする行為のことです。それは、始めから見返り、Takeを求めないことが重要です。

これについての詳しいことは、Giveが主流】ノウハウの公開で「信用」を積みましょう。で話しています。気になったら、ご覧ください。

ということで今回は以上です。
「自尊心の維持」はあなたの「今」の行動一つで十分に、変わりますよ \(^o^)/