Contents

実際、作業中の「何」が一番効率よくさせるのか?

 

<strong><noscript><img class=悩める諸君の代表
ブログ執筆、PC作業などのデスクワークの時って一番何をしたら効率良く出来るの?飲みものとか、運動で変わるの? 

という困り事に対して、今回は、お話していきます。

本記事の概要

  • 作業中の飲み物で実は、効率化できる
  • 作業の前と後でやる「運動」で効率化が倍増
  • 無理をしすぎると逆効果

本記事の信頼性

  • 飲み物の成分の効能が研究より実証済み
  • 運動の効果が、研究より実証済み

として、

実際、作業中の「何」が一番効率よくさせるのか?」について話していきます。

効率化することは”なぜ”重要なのか?

効率化することで、何が良くなるのか?

  • 自分の時間が出来る
  • 心に余裕が生まれる
  • 頼られる対象になりやすくなる
  • 思慮分別が付くようになる

と、幾つも出てきます。

これは、会社員の方に限ったことではないです。中高生の方でも、勉強に落とし込むことでこれと似たような効果を期待することが出来ます。

効率化の本質については、何事も効率化することで、もっと楽しくできます。(人生の歩み方)からどうぞ。

でも、効率は当然やってくるものではないです。自分でその環境を作ることで出来るものなので、誰も「今」からその環境を作る方法を提案していきます。

捗りやすくなる飲み物

デスクワークは基本的に、PCまたは机に向かって長時間タスクをこなすことですが、これかなり「危ない」ことだったりします。それは、「動き」がないことに関係します。飲み物を飲むことで腸内が動き「トイレ」に行ったりと「動き」が出てきます。

ここでは、その飲み物に着目をして話をしていきます。

結論:一番は、コーヒー

誰もが飲んでいるコーヒー。「みんな飲んでいるから」とか「美味しいから」という理由で飲まれている方が大半でしょう。逆に、なぜコーヒーが良いかを知っている方は逆に少ないかと思います。この機会に、「なぜコーヒー」が良いのかを知っておきましょう。

コーヒーは

  • 脂肪を分解しやすくして血中の脂肪酸濃度が上昇する
  • 香りに脳にα波を出す効果
  • カフェインには中枢神経を興奮させる覚醒作用がある

朝食時に、コーヒーの香りが「良い匂い」と感じるのはこのα波が関係していたからです。

また、カフェインが入っているおかげで覚醒作用が効率化へ「大きく」関係してきます。
ちなみにカフェインは吸収が早く、30~60分くらいで血中濃度が最大になるため、早めの通勤により飲むことが好ましいですね。

また、自分の水筒にコーヒーを持っていくこともいいかなと思います。それぞれのフレーバーがコーヒーには存在するので自分にあった「コーヒー」で仕事の効率化を図るのもGOODです!

ここでは、僕のおすすめのコーヒーを紹介しておきます。

 

続いて、カフェインレスがお好みの方へ。

冷え性の方へ

長時間のデスクワークは、足元から寒さがやってくることもかなりあるでしょう。

特に、「冷え性」の方はかなり辛いと思います。

ちなみに、体温が一回下がると

  • 基礎代謝は12%低下する
  • 免疫力は30%低下する

と言われています。これは、冷え性の方は特に気をつけたい点です。

寒さを和らげるには、暖かいだけではなく「芯からあたたまる」ものが必要です。

そんな時に良い飲み物を2つ紹介します。

生姜紅茶

生姜に含まれる成分は

  • 血行促進作用
  • 発汗作用、身体を温める作用
  • 血管の拡張作用
  • 代謝の促進
  • 脂肪の燃焼作用

と沢山あります。血行促進、代謝促進は、冷え性の方には効果抜群です。

また、紅茶ですので飲みやすく「生姜」好きな人にはたまらない一杯になるはずです。

自分好みの「生姜紅茶」を、自分の水筒に入れて持ち歩くことは、好きなものを飲めるためいいですよ!作り方もどうぞ。

生姜紅茶の作り方

僕のおすすめの生姜紅茶を紹介しておきます。

 

緑茶

日本人なら一番飲んでいるだろう、馴染み深い「緑茶」。意外にも、この紅茶が「冷え性」のあることによく効くわけです。

それは、冷え性による免疫低下により「口内炎」です。

これは、有名ブロガーの「クロネコ屋」さんも仰っています。

パソコン作業が多いブロガー・アフィリエイターは作業中に緑茶を飲むのがおすすめ。

というのも、パソコン作業をしていると冷え性になりやすく、冷え性になると免疫力が低下して口内炎ができやすくなる。抗菌作用のある緑茶を飲めば痛い口内炎を防げる。作業中は緑茶おすすめです

また、緑茶には「口内炎の改善」だけではなく

  • 心臓病のリスク軽減
  • 脂肪燃焼効果
  • 記憶力の向上
  • 認知症予防
  • 二日酔い対策

などこれ以上に沢山あるわけです。

日本人だからこそ飲むことができるので、とても有り難いことです。
また、「高級」だからとかいうことはあまり関係ないです。飲みやすい、買いやすいものを買うことが良いと思います。

僕のおすすめの緑茶の茶葉を紹介しておきます。

プラスで効率よく出来る運動

とりあえず、作業中に飲むものは大体決まったと思います。
ではここからはその「飲み物」と併用して行うとより「効率化」できる運動について話します。

通勤前にすること

通勤前に、「ウォーキング、ランニング」をすることです。

実は、この「ウォーキング、ランニング」はリラックス効果有ります。また、朝日を浴びながらでBDNF(脳由来神経栄養因子)を増やすことで、通勤後のタスクの効率化が出来ます。

BDNFとは、「頭が良くなる物質」のことで、これを上手く体中に多く取り込めれば効率化が増します。その中で一番効果的に増やす事が出来るのが、「ランニング」になります。

また、ランニングだけではなく「少し辛く、負荷を掛けたモノ」ならなんでも効果的です。

詳細は、BDNF(脳由来神経栄養因子)を増やすための運動の種類と最低ラインとは?【筋トレ、散歩】をどうぞ。

帰宅後にすること

男性の方には、「軽い筋トレ」を、女性の方には、「ヨガ」をおすすめします。
というのも、デスクワークで体がカチコチになっているはずですので、その筋肉をほぐすためのものです。

また最近は、「ホットヨガ」も流行ってきています。

ホットヨガは、普通と違い、室温38℃、湿度65%でやるヨガでより新陳代謝を高めることが可能です。この室温と、湿度が一番適当で、これ以上の室温・湿度になると返って良くないみたいです。なかなかこの環境を自分の家で作るのは難しいので、教室に通うことをおすすめします。

また、最近ではワークスペースそのものがジムのようになっているところもあります!

“ジム”の中のワークスペース

ここまで言って、実は”正解”は特に無い

と、ここまでおすすめの「飲み物」と「運動」についてお話しましたが、実は「正解」はないです。すみません。

それは、それも「状況によって悪い形に変わる」からです。帰りが遅くなったのに、運動をしても大切な「睡眠時間」を削り返って逆効果ですし、好きでもない「生姜紅茶」を効率化のためだけに無理するのも、意味無いです。

「今」の状況や「自分の出来る、出来ない」を見極めて「自分に合った」もので少しずつ試していきましょう。

迷ったら、”コーヒー”と”運動”から始めよう

<strong><noscript><img class=悩める諸君の代表
沢山紹介あったけど、速く始めたい自分は何をしたらいいの???

そんな方は、まず「コーヒーと帰宅後の運動」からをおすすめします。

コーヒーは、他の飲み物でも大丈夫です。ここは、効能重視で説明していますので苦手な方は飲みやすいものからやっていきましょう。(ちなみに、コーヒーにも飲みやすいフルーティーなものもありますので是非探してみてください。)

また、帰宅後の運動は、通勤前と比べ「帰ってから出来る」ため「朝」が苦手な方も今スグに始めることが可能です。5分でも10分でもやってみることをおすすめします

まとめ

今回は、「実際、作業中の「何」が一番効率よくさせるのか?」について話していきました。

おさらいです。

  • 作業中の飲み物で実は、効率化できる→一番はコーヒー!冷え性には、生姜紅茶と緑茶!
  • 作業の前と後でやる「運動」で効率化が倍増→通勤前のランニングと、帰宅後のヨガ等
  • 無理をしすぎると逆効果→100%良いものはない!自分の状況に合わせて行う事がBEST!

何をやるにも順序があります。勿論「効率化」をしていくためにもそれが必要です。一度に全てをやるのはなく、出来るものを探してやってみることが「効率化」への鍵です。

あなただけの、効率化への道を見つけて頑張っていきましょう!