Contents

好きなことをお金に変えるには、労働が必要です。【仕事の仕方】

 

悩める諸君の代表者
悩める諸君の代表者
好きなことをお金にしたいです。投資家や、プロ〇〇とかになって自由にお金を稼いでみたいです。

本記事の概要

  • 具体的に「圧倒的な労働」について解説
  • その中でフリーランスになるにはどうしたらいいのか?

「好きなことで生きていく」の代表格でもあるYoutuberでさえも「動画編集」や「動画撮影」により「労働型」の収入の入り方になっています。

ココ最近言われだした、「好きなことで生きていく」というのは、言葉だけが一人歩きしているだけで、「完全な不労所得」では無いことがわかります。

下記の動画が信用の担保です。(HIKAKINTVより)

好きなことをお金に変えるためには、労働(努力)が必要です。

好きなことで生計を維持するには、「圧倒的な労働」が必要です。

では、どうやったら好きなことでお金を稼げるようになるのか(具体例)

「圧倒的な労働」と言ってもどうやったらいいのか。一番気になることですね。でも、それはどれにも通じることばかりです。

  • 正攻法で戦う気があるか
  • 情報を自ら求めに行けるか
  • 何よりも時間を割けるか
  • 自動化可能か?

一つ一つ掘り下げて解説していきます。

正攻法で戦う気があるか

好きなことで戦うなら、「正攻法」で勝負することは必須です。

というのも、今その分野で稼いでいる方には、ある程度ルールと稼ぎ方があります。それをまず理解しましょう。例えば、ブログなどのライティングでお金を稼ぎたいのなら、「今どの程度、誰が稼げているのか?」と認識が大切です。

「俺には、才能があるから」と意地を張っても正直難しいです。そして、その稼ぎ方やルールが自分に合わないものでも、やり切れることが可能かどうかを考えてみましょう。

情報を自ら求めに行けるか

ある程度決まったビジネスモデルならなんら問題はないですが、自分で基盤を構築しないといけないようなものは、「自ら動くこと」で全てが決まります。

それは、情報にも鮮度があるからです。逆に、ずっと同じ情報のみが蔓延するような業界だとしたらそこは、止めたほうがいいです。
それは、市場がこれから衰退していく可能性が高い からです。

なるべくなら、「情報が早めに切り替わる」ような「市場の大きなもの」を選ぶことをおすすめします。

おすすめの市場

  • アフィリエイト
  • 仮想通貨
  • SNS(Twitter)

アフィリエイト、仮想通貨は意外と胡散臭いと感じられやすいですが、逆にそこが良くて、不安定だからこそ「情報のアップデート」が起こりやすくなるわけです。

これからブログ系アフィリエイトで稼ぎたい方に(主にAdSense)

ブログをこれから始めたい方は、「何をするか」より「何が大事かを知る」方が大切です。それについては、以下の記事からどうぞ。

http://1mohkeshiyohze.com/archives/758

http://1mohkeshiyohze.com/archives/1915

何よりも時間を割けるか

好きなものこそ時間を割けるのは当たり前ですが、それを数カ月でやめることはダメです。「継続」がものをいいますので、ある程度の結果、実績が付くまでは「何よりも時間を割く努力」をしましょう。

かくいう僕も、ブログで人生を開きたいと考えていますので、1ヶ月に4回程度の休息を入れる以外はブログに注力しています。

「そこまで、ブログに注力出来る理由を知りたい!」と思った方は、【忍耐力】40記事を執筆しブログの「奥深さ」により気づきました。をどうぞ。

自動化可能か?

評価経済の今だからこそ、後の資産にするための「稼ぎ方」をしている方が多いです。継続し続けないと収益が出ないような稼ぎ方は今後の自分の人生を揺らがす可能性があります。

老後まで働き続けることは、肉体的にも精神的にも辛いことだと思います。

ある程度の余裕を持つためには、「基盤づくりに労働の全てを使い、あとは自動化(半自動化)可能」な仕事をすべきです。

仮にフリーランスになりたいとしたら?

最近は、フリーランスがよく取り上げられていますが「自分はフリーランスになりたい!」と思う人は、先程の具体例以外にこの2つも意識してほしいです。

  • 責任は、自分で追う
  • 将来の展望を常に持つ

これらも、しっかりと持ちましょう。会社に所属している身だと助けてくれるのは、勿論会社ですが、自分で仕事を受注するような「フリーランス」は責任は自分全てになります。

また、将来の展望を持つのは「モチベーション」に関係してきます。その日暮らしで10年後の事は予測できないです。そのために、常に先を見据えるような形で過ごすことが大切です。

フリーランスとして働きたい方へ(何をしたらいいか不明な人向け)

様々な活動の仕方はありますが、「ライティング」「プログラミング」がフリーランスで多いため、それらの有名サイトをご紹介します。

【FREENANCE 】| GMOが運営元のフリーランス専用サービス : とにかくこわいならまずは、これから登録しておけば間違いない。
【ランサーズ】| 日本最大級のクラウドソーシングサイトクラウドソーシングで稼ぎたいならここ!
【TechAcademy】| 自宅で学べるオンラインプログラミングスクール :まずは、「学ぶ」から入る人へ

とりあえず、このどれかに登録していれば、始めはいいでしょう。

自分に適した案件を受注することが大切です。ですが、肝心なのは、案件受注後の対応と自分の行動です。

余談:ちなみに、1ヶ月目の僕の収益は0円です。

特に案件を受注するタイプのフリーランスではない僕は、ブログの仕組みづくりで収益をあげようと考えました。

とはいえ、1ヶ月目は0円でした、、、。

これが現実です。だからこそ、「継続」が大切なんです。そこで腐ってしまったら、せっかくの「将来の自由」を自分で手放してしまうことになります。

ブログ1ヶ月目の僕について詳しく知りたい方は、ブログ初心者がブログ運営1ヶ月を前にして。【収益0円です】をどうぞ。

引き続き圧倒的な労働力がものをいうでしょう。

これから、ベーシックインカム(不労所得)が日本に導入されたとしても、「圧倒的な労働」は廃れずに変わらないものだと思います。

理由は簡単で、広告業はAIには出来ない人間独自のライティングスキルや紹介スキルが必要ですし、プログラミングは、これからのAI時代が本番だからです。

それらは、圧倒的な労働によって構築され、評価経済の今は「資産」になります。

そういう意味では、Youtuberは賢いです。

Youtuberが評価されて、沢山の案件を受注可能なのは「広告塔」になるほどの「影響力」をもつYoutuberの「労働≒編集や動画作成」を信頼しているからです

個人を信頼するには、時間がかかりますが「信頼されてから」はかなり速いです。そういう意味でも、Youtuberは賢い選択ですよね。

確たる証拠で動いたら、制限が出てきます。

時間がかかるのは、「確たる証拠」が無いからです。これをこうしたら、「〇〇になる」とかがないから、労働が必要になるんです。

確たる証拠のあるものは、「誰もが出来る」分、収入や市場に制限があります。もう既に、出尽くしているからですね。

証拠のないものは、ある時に「パッと」突き抜けるもの(動画のバズやブログのアクセス数倍増)がある感じです。

そこを目指してやるだけです。

投資も同じで、自動化するためには自分で研究したポートフォリオを組み、それを常に組み替えてリスクを減らす必要が有ります。それは、完全に労働ですし一筋縄では行かないです。

本気で好きなことでお金を稼ぎたいなら、「労働」をとにかくやりましょう。
僕も、相変わらず「労働」に勤しみます。