Blog

【これだけ】ブログを始めるなら3つだけに気をつけよう。

 

はじめまして。

管理人のギブ(yudai_abyssです。

今回は、『【これだけ】ブログを始めるなら3つだけに気をつけよう。』ってことについて話していきます。

✔︎ 対象者

  • 今からブログを始めようとしている方へ
  • 記事の更新が滞りがちな方へ
  • ブログにて収益を上げたい方へ

という方に向けています。

ブログは、闇雲に書き続けていても意味はありません。

以下の3点を意識するだけで、

半年後、または1年後のインプレッションの伸びが桁違いになるはずです。

用語については、ご自分で『お調べ』ください。

ブログを始めるなら3つだけに気をつけよう。

ズバリ言います。

  1. やる気
  2. 努力
  3. 発信力

これだけです。

もちろん、カスタマイズなどが必要とか諸々ありますが、

それは、

ご自分で、Googleでお調べになって下さい。

今活躍されている方たちも始めは、「HTMLってなに?」「CSS?え?」ってなったハズです。

まずは、自分で「調べてみる」を心がけましょう。
何事も人に頼るのは、これからの時代では良くないことです。

僕もこのブログは、プログラミング知識皆無ですが、1から構築しました。

ってことで、この3つを守りましょう。

では、この3つの具体的なことについて話していきます。

❶ やる気

ブログを始めようとしている事自体で、あなたはやる気があります。

ですが、その『持続性』があまり無いとブロガーとしてはよくない事です。

ブロガーの一番の問題は、この『やる気の持続』です。

朝から、執筆するなど自分にあったルーティーンを確立する事で、十分可能な事ですので『ブロガー』としてこれから頑張るのなら、心掛けておきましょう。

❷ 努力

勿論ですが、やる気だけではどうにもなりません。

コンスタントにそのルーティーンを確立させる、『努力』も必要です。

例えば、『余計な飲み会に参加しない』『遊ぶ時間をブログに回す』など。

何かを成し遂げたい。

それは、クリック数の増加でも広告収入でも構いませんがやるからには、『一点集中で』頑張りましょう。

全てをやろうとして、全てを無くすことはよくある話です。

『ブロガー』といして活動するなら、初心者はそれをしっかり頭に入れておきましょう。

❸ 発信力

とはいえども、やる気も努力も、しても100%伸びるのかはわからないです

そのために、少しでも可能性が上がるように、日頃からあなたのことを発信しましょう。

あなたの、記事では書けない部分がSNSでは、垣間見ることができます。

それを『面白い!』と言ってくれる方が、続々とブログにやってきてくれます。

『キャラ』に価値を見いだす事が出来れば、あなたの『コンテンツ』は飛ぶように読まれる事でしょう。

また、ブログ内で商材を売るのならなおこの『発信力』は必要になります。

君は誰に見て欲しいの?

いかにして見てもらうかは、内部または外部のSEO対策以上に

『誰に』それを見てもらいたいかの、執筆者の気持ちです。

要するに

  • 特化ブログにするのか
  • 雑記ブログにするのか

の選択です。

特化ブログは、その情報が欲しい人が来るためクリック数が上がりやすいですが返ってネタが尽きる可能性があります。

逆に雑記ブログは、最初の起動に乗るまではクリック数が少ないものの、ネタは豊富にありますので、書くことは無限大にあります。

どちらも、一長一短で、どちらが良いというのもありません。

あなたが書きたい方、書ける方を選択して書き始めましょう。

マネタイズを気にするな

マネタイズとは、収益になるという事です。

そんな今日やって、明日お金が入るのなら誰も苦労しません。

1年程度続けられてからが本番です。

ですので、書き続けましょう。

最初のモチベーションとしては、『誰かのために』が一番効果的です。

自分のために』の収入は、コンテンツの質を著しく落とす原因になりますので、ご注意ください。

多いのが、やたらとASPでの広告を貼り付けることです。

昨日の自分に対してのブログにしよう

じゃあ、『見えない誰を対象にするんだよ』と思うでしょうが、それもそうですね。

では、記事を書こうとするあなたはその記事に対しての知識は多いはずです。

昨日の自分と比べてどうですか?

おそらく、少しでも知識面では『レベルアップ』しているはずです。

では、その知識のない昨日の自分に対して、一番見やすい記事を書きましょう。

それは、あなたが一番見たい記事になるはずです。

つまり、あなたが見やすいという事は、『ほとんどの方も』見やすいということになります。

丁寧に作り込むことで、昨日の自分へ知識を投げて見ましょう。

自分の時間について考える

『自分の時間』についても、しっかりと考えましょう。

先程言った、余計なことに時間を使わないということも一つのことです。

それを詳しくまとめた記事もあるので、是非読んで見てください。

http://1mohkeshiyohze.com/archives/606