App

メルマガ購読は、ブログ初心者にうってつけです。(捨てメアド)

 

悩める諸君の代表者
悩める諸君の代表者
好きなブロガーさんをもっとよく知りたい。何か、期間限定のイベントやグッズの先行発売を見逃したくない!

という悩み事に向けて話していきます。

本記事の概要

  • メルマガについて
  • 有料、無料どちらがいいのか?
  • メルマガが怖い方に向けて
  • そこまで、メルマガを押す理由

として

メルマガ購読は、ブログ初心者にうってつけです。(捨てメアド)」についてお話していきます。

ブロガー初心者にはメルマガ購読がうってつけです。

主な理由としては、「ブロガー」の頭の中を見れるからですね。

まずは、好きなブロガーさんのメルマガを見つけてみよう

メルマガも色々な方がしているので、一概に「この人」というものはないですがとりあえずは、「発信」を中心に行っているブロガーさんのメルマガをおすすめします。

おすすめのメルマガ

おすすめの理由としては、「ブログ運営」には「マーケティング×ライティングスキル×発信の極意」が合わさっているので、とにかく参考になることばかりです。

有料と無料どっちがいいの?

別に、あまり気にする必要はないですが、最初は無料でいいと思います。

紹介した方のブログも無料ですので、問題ないかと思います。

ただ、有料版にはそれだけの「価値」があるので、「もっと知りたい」と感じたら有料に切り替える事もいいかと思います。

では、メルマガは読むだけでいいのか?

文字の羅列のみが、メルマガですがそこでいかに情報を収集するかがとても大切なわけです。

その時に、注目するべき3つのポイントを紹介します。

  • その1:時系列
  • その2:配信者の考える次のトレンド
  • その3:全体的な文体

その1:時系列

基本的には、始めに紹介したブロガーさんのメルマガを見れば問題ないですが、たまに聞いたこともない人のメルマガに登録した所、言っていることが数年前のことだったりします。

そうすると、更新していないことになるので、情報が圧倒的に古いということになります。

ですので、その情報を鵜呑みにしても「今」の現状が変わる可能性は低いです。しっかり、時系列・話している内容(ありきたりなことも含む)を読み解いて認識することは大切です。

その2:配信者の考える次のトレンド

配信者は、ブログを始めとする発信活動をしていますが、そこに書けないことをメルマガに書いてくることが多々有ります。

そのために、急に「次は〇〇が来そうだと考えています」と話がおっぱじまってしまうことがあります。

そこを見逃さずに、しっかりと「〇〇が来るんだなぁ」や「〇〇知らないから、調べよう!」となって「自主的に」動いてみましょう。

その3:全体的な文体

一見内容だけを見てしまいがちですが、「どのような流れで書いているのか」にも注目しましょう。

特に、自分が読みいってしまうメルマガこそ、文体に注意してみましょう。導入や、話題の転換など、参考にする所はたくさんあります。

そして、それを自分のブログで活用してみましょう。

メルマガは、内容以外に「ブロガーさんの独自のライティングスキル」が垣間見えることも、いい点です。

メルマガ読みたいですど、普通に怖いです。

情報をもらいたいけれども、知らない人から急にメールが送られるのが怖いという方は少なくないと思います。

そんなときには、捨てメアド【メルアドぽいぽい】を使いましょう。

捨てメアドの特長

  • 全て無料
  • 自動で何個も数秒でメアドを生成可能
  • 自分のメアド混同しない
  • HTMLメールや添付ファイルにも対応

普通のメアドとして使えるのに、メアドの生成個数に制限がないです。「メルマガ怖い….でも読みたい」という方はこのサービスを使うことがいいと思います。

アプリ版もあります。

もっと楽に作りたい方には、アプリ版をどうぞ。

捨てメアド

捨てメアド

Aki Ueno無料posted withアプリーチ

他の捨てメアドサイト

上記以外にも、サービスは幾つかあります。

これらは、時間制限があるので「その場でメアドが必要」になった時に使う、使い方がいいです。メルマガは継続的な受信が必要ですのでこれでは、合わないですね。

そうまでして、メルマガは読むべきです。

捨てメアドまでして読むべき理由は、単純に価値があるからです。自分に生み出せないコンテンツや、その作り方、話題の引っ張り方、ブログの書き方がそこにはあるからです。

型のないままで、何かを成し遂げようとも「限界」が有ります。その限界にぶつかる前に人のやり方、先行者のやり方を「真似る」ことで「新たな視野」が広がります。

それを、初心者のブロガーさんは特に気にしておく必要があります。

また、今ブログのアクセスや収益に打撃を受けているかたもおすすめです。直接的なアドバイスはないものの、ヒントは沢山散りばめられていますので参考に十分なります。

好きなブロガーさんの期間限定のグッズや、イベントも「メルマガ」中心で行うことも普通にあります。それが楽しみにな方は、是非見るべきですね。

注意点:読みたすぎて、多すぎるのも問題です。

逆に、読みたい欲がありすぎて「登録しまくる」のも危ないですね。決めれた数人(おすすめは、2人)をしっかりと解析していくことがいいと思います。

また、配信者によっては「月〇回」とか「年△回」とかが明記されている方もいるので、そこをみて、人数を増やすのも手です。

勉強と同じで、参考書を幾つも買い満足するのではなく、「決められた数冊」をずっとまわすことで、知識が習得可能になります。

出来る範囲を探りながら、メルマガを活用することが重要です。