Blog

おすすめのペルソナの置き方を教えます。【ブログのターゲット】

 

悩める諸君の代表者
悩める諸君の代表者
ペルソナについて考えようにも、全く思いつきません。知らない架空の人を想像するよりも、近くの人のほうがいいんでしょうか?誰にするべきですか、、、?

という悩み事に向けて話していきます。

ブログ運営をしていく中で、必要なことのひとつに「ペルソナ」の設定が有ります。この設定をおろそかにすると、ブログの軸がブレてしまうので危ないです。

そういう僕は、ブログ運営数ヶ月ですが、幾つかのキーワードで「Googleでの検索上位」を取れています。

これは、「ペルソナ」をしっかり決めて書いたから。ということに繋がります。

では、見ていきましょう。
数分で終わる記事ですので、少々お時間くださいm(__)m

おすすめのペルソナの置き方は、意外と簡単です。

ズバリ、あなたの友達に置きましょう。

友達をペルソナに置くと、何がいいのか?

友達と話す時に、「これ〇〇だから、使ってみろよ!」や「〇〇は、△△の理由で危ない」とか言うことを話すと思います。

それを、横展開することが一番書きやすく、自分も伝えやすいです。

まず、話すときには「何」について話すか明確にするはずです。

例えばこんな感じの会話とか

「今日、パフェ食べない?最近あそこのお店出来たみたいだし、この間食べたいって言ってたでしょ?」

「やべ!俺宿題やってない!え?昨日渡された?キミはやったの?」

「なぁ、来週金曜日ボウリング行こうぜ!最近上司から怒られてさ、スカッとしたいのよ。お前ボウリング得意だったしさ!」

これらに共通することは、「全て相手中心」であることです。実は、僕たちは会話を進める時に、自然に相手の共感を中に入れることで、話を聞いてもらいやすくしています。

実は、これがブログを書く上で特に大切なことで、これが「ブログのペルソナの基礎」です。「なにが基礎なの?」と言われそうなので、次で詳しく解説します。

詳しくペルソナの基礎について見ていきましょう。(具体例)

ペルソナは、自分の考える「具体的な人間像」の事をいいますが、見たことも、あったこともない相手を想像するのには、限度があります。

そのために「友達」を置きます。

上記の会話でペルソナを考えるならこうです。

会話から推測するペルソナ

お菓子が好きで、放課後に「お店に行ける時間」「近くにお店がある」高校に通う、女子高生。おそらく部活には入っていない。

宿題を忘れた上に、自分の自己管理が甘い、勉強が苦手そうな男子高生。

最近忙しくてストレスが多い、ボウリングに行きたい、若年サラリーマン。

あくまで、例なので他にも会話から推測出来ることはあると思いますが、こんな感じです。

どうでしょうか?これってかなり「具体的に」話す人の事がわかったと思います。しかもこれは、会話だけの中なので友達ならもっと色々知ってますよね。

だから、「友達」に置いていきましょう。

ターゲットは、なるべく「身近」の方が楽がいいです。

ブログなんか、忍耐の戦いなので、それに毎度頭を悩ませているのは本末転倒なので。

巷の高校生や、大学生が考えそうなことは一緒なので、これで「多くの共感者」を得る記事を書くことが可能になります。(別に年齢は関係ないので、自分の年齢の近い人の事を考えればOKです。)

あなたや、友達が疑問・興味をもつものは、大半の同じ人らが同じことを思っています。ですので、それに向けて解決策・提案を書くといい記事が出来ます。

もう少し、深く掘り下げます。

先程例に出した、3人の詳しい「ペルソナ」がわかったと思います。では、そこからいかに「書くネタ」と直結させるのかです。

では、また「可能性」のある例を書いていきます。

女子高生、お菓子、パフェ、放課後、時間、部活、流行りモノ、

男子高生、宿題、勉強苦手、忘れ物、自己管理、メモる、

サラリーマン、上司、怒られる、ストレス、転職、収入、

こんな感じです。どうでしょうか?もう後はこれらを組み合わせてネタは書けますね。組み合わせは、キーワードが尽きない以上は無限です。

キーワードが尽きたら、また別の「話題」や別の友達の「興味」を会話を考えて「ネタに」してみればいいので、やっぱり無限大です。

実際に「存在する人」だから、共感を得やすくなるという事もあります。いない人を予想して書いても、誰に書いているかわかりませんからね、、、。

実際に、これをするとネタが尽きることがなくなります。

これを本当にやると、ネタは尽きないです。

なおかつ、ブログの軸もブレません。それもそのはずで、「同じ層・自分の考えられる層」だからブレられないです。

女子高生が、サラリーマンのことはかけないですし、逆もしかりです。でもサラリーマンが男子高生のことはかけそうなので、昔語りから始めてネタにするのはいいです。

僕は友達いません。そういう人のために

こんな事は言いたくないですが、友達がいない人も中にはいます。そういう時に、誰を想像したらいいか、わからないかと思います。

困った時の質問解決サービス

これら2つのサービスには、的確な悩みを持った人が大勢質問してきます。また、サービス上似ている質問・疑問を探すことも楽です。

そのために、情報の収集もしやすくペルソナの設定も行いやすいです。

余談です。僕もあまり友達が多くないので、安心を。

実は僕自身も、あまり友達がいないです。ですから、そんなに心配しなくて大丈夫です。ブログなんかを本気でするときには、逆に人間関係が多いと「のめり込めない」というデメリットがあります。

本気でするなら、「自分一人で」やることをおすすめします。

ということで、今回はここまでです。
無目的で無意味なペルソナを作らないように、ブログ運営をしていきましょう\(^o^)/