Contents

【Giveが主流】ノウハウの公開で「信用」を積みましょう。

 

悩める諸君の代表者
悩める諸君の代表者
自分が苦労して見つけたことを無料で出すか、有料出すかとても迷っています。そりゃあ、有料で出すほうが利益も出ていいと思いますが、、、。どうでしょうか?

という悩み事について話していきます。

実績の背景には、自分なりの「ノウハウ」があると思いますが、情報商材のような部類は「30万円」などの高額で売りつけることがあります。

どのプラットホームで活躍するにもまずは、「Giveをしまくり、ノウハウを公開」しましょう。

今回は、以下の2点を主に進めていきます。

  • ノウハウはできるだけ全て公開しましょう。
  • あなたが情報を受け取る立場に立ってみましょう。

ノウハウの公開で「信用」を積みましょう

自分の信用を求めるなら、「ノウハウ公開」が最適です。

受け取るばかりでは、信用は付きません

自分が貰う側ばかりでは、なかなか信用は付きにくいです。でも、それは「ノウハウの公開」で可能になります。

ノウハウそのものは、昔からある「情報商材」の部類と同じですね。

でも、「情報商材」は高額な費用を請求してきます。実際は、ほとんどがありきたりなものでその価値があるかどうかはわからないです。

実はこれを、「無料で公開する」ことが大切なんです。

有料を無料で公開するメリットは何か?

大概の高額情報は、「〇〇万円の価値があるものを、今回だけ△万円で!」といった謳い文句で来て、「うわぁ、そんな価値無いだろう…」と思わせてしまいます。

ですが、逆に無料で公開することで「これ、有料レベルだよね」「やばいね!!」と読者、視聴者が一方的に考えてくれます。ココがメリットです。

確たる金額はわからないものの、「有料級であることは確かだ」と認識されると「それを無料で公開する人は、信頼あるなぁ」と考えてしまいます。

自分で価値を決めるよりも、「相手」が価値を決めたほうが上手く行くいきます。

じゃあどこまで公開するべきなのか?

「全てお教えします。」と言う人ほど意外と自分の取り分が少なくなることを恐れ、8割程度の情報しか言わないです。それでは、「相手」へ納得してもらえないです。

ですので、10割、100%で公開しましょう。

「自分の稼ぎ方を真似されたらヤバイ…」「1円も取らずに教えるとか頭大丈夫?」と言われると思いますが、だからいいんです。

そう言ってしない人が大勢だからこそ、「あえて公開する」わけです。瞬間的な儲けにはなりませんし、何がいいのか始めは理解できませんが、これは後になって効いてきます。

どう効いてくるのでしょうか?

  • その場のお金以上の価値を獲得可能
  • 一度信用があれば、何にでも応用可能
  • そのうち「信用」が全てを作ることを理解可能

その場のお金以上の価値を獲得可能

有料商材として、「100万円」でモノを売るにしても「情報は生もの」なので鮮度が落ちます。今のやり方や、考え方が「5年先では全く通用しない」なんて普通に有りえます。

その場合、毎回「100万円レベル」で更新をかけることが出来るのでしょうか?

普通はなかなか難しいはずです。渾身の一発として書いたものを毎度更新なんて…正直ゴールがない感じします。

だから、無料で公開することがいいんです。

でも、「無料」で出せばどうでしょう?勿論最初の「ハードル」は下がりますが、少しのチェックでも「無料なのに、更新までしてくれるのかぁ。」と思ってもらえるわけです。

これが、テクニックでも有り「お金以上の価値の獲得」です。必ずしも、楽をするために使うのではなく「長く、自分の発信に目を向けてもらうため」には大切な方法です。

一度信用があれば、何にでも応用可能

「今回はこれを書いて、次はこれを書いて…」と話題やものに対して「それぞれの観点からそれ相応のレベルを書く、生み出す」のは、誰がやっても難しいです。

出来ることなら、自分が得意な分野で常に「価値を生み出したい」はずです。

そんなときでも、「ノウハウの無料公開」は強いです。一度大きな情報を100%出した相手には、「次どんな情報をくれるのだろう?」と興味がわきます。

それは、「Youtubeのチャンネル登録」や「Twitterのフォロワー」に顕著に出ます。それが、「何にでも応用可能」の真髄です。

これが、俗に言う「キャラ化」で「その人が言うものは、その人が言っているから見よう!」という考えになります。

これに早く有名Youtuberは気づいていました。

「この動画がおもしろい!」から始まったYoutuberもいずれ「動画の〇〇さんがすきだから見てる」という方向に向いてきます。

上手に自分ルールの元「毎日更新・ハイレベルな編集・日の投稿数」などの特徴で生み出した「キャラ」が今や、お金に変わり、どのプラットホームでも「それなりの結果」を生めるようになっています。

クラウドファンディングはその典型です。

「信用」からお金に出来る最終形態は、「クラウドファンディング」です。自分の内容よりも「〇〇さんの企画だからお金をだしたい!」という人は世の中に沢山います。それは、額関係なく「インフルエンサー≒発信者」であるというだけです。

でも、それが凄くて「フォロワーさんが多いほど」その中で資金調達とかも可能になるんです。

そのうち「信用」が全てを作ることを理解可能

始めは、「おおお。凄いね」程度でしか実感は出来ないです。信用・信頼・ファンは時間がかかるからです。

でも、加速しだすと強いです。他の方とのコラボもして自分と被せあえば「より強い信頼」を構築可能です。

ただ注意も必要です。

何度も言うように、信頼は「時間がかかる」形づくりです。今スグの結果を求めることは出来ないです。でも、コツコツと積み上げて行けばいいことであって「将来」をより良いものに出来ます。

とはいえ、ある程度の指針は必要です。

自己流で行っても今の時代は、なかなか花が咲くまでに年数かかります。少し前の時代なら何もかもが新しいのでスグに伸びましたが、今はそのアイディアが落ち着いたりした感じです。

ですので、今上手くやっている人たちを参考にすることがいいと思います。言葉にはしてはしないものの「雰囲気」「手法」は何度も読み込んだり、見まくればだんだんと見えてきます。

参考のYoutuber

参考のYoutuberを2人お教えしときます。

どちらも、ブロガーで「発信活動」をしています。基本全て無料ですので、ぜひ見てみましょう。

参考の書籍

今回お話したことは、大概「マーケティング要素」が多く入っています。もっと奥深く理解したい方は以下の書籍をどうぞ。

参考の記事

まずは、インプットからやっていきたい方は以下の記事をどうぞ。

 着実に、知識を習得するなら読書が一番です。(要約サイト)

 動画メディアのこれからの行方は?Googleの本格参入について 

「ノウハウの公開」をしましょう。

有料で出すことも、意味がないわけではないです。自分の価値を守るためにも大切なことです。でも、これから「上手く・長く」やっていくには「ノウハウの無料公開」が最適です。

また、その「信頼を得る」ことが徐々に出来てくれば、またそのノウハウも自分なりに公開できます。簡単な話ですし、この繰り返しなので楽です。

「Giveばかりやって、いつTakeするのか?」と思うかも知れませんが、それは「もっと後」のことになります。「信用」を生み出したあとで、ほんの少しの「Take」を貰う。これが望ましいです。

まずは、「ノウハウ公開」から自分の「信頼」のベースを作ることが今後の自分への第一歩だと思います。